防犯対策 ストーカー 防犯カメラ

こんな良くある行動パターンは、実は注意が必要なんです!

コンビニから尾行された 防犯カメラ 隠しカメラストーカー被害があちこちでありますが、誰でも注意が必要ですね。
行動パターンを読まれないように工夫するのが良いのですが?

 

いつも寄っているコンビニだからと思わないで、回りに不審な人がいないか、店を出てからも周囲を見回して警戒することは必要です。

 

「コンビニから尾行された」という女性は意外と多いんですよ。

 

最寄りのコンビニで深夜でも明るく立ち読みしやすいですが、外からは丸見えで不審者の格好の標的になるのに、注意が少し足りないですね。

 

 

ストーカー対策隠しカメラ 防犯カメラまた、毎日同じ時間に同じ道を通っていると、待ち伏せされたり密かに家の場所を知られてしまう恐れもあります。

 

最近一番多いのが、歩きながらスマートフォンをしている人ですね。

 

まったく回りを気にしていなくて、視界が狭くなり注意力も低下しています。 心当たりありませんか?

 

 

不審者の格好のターゲット対策 隠しカメラ 防犯カメラ不審者の格好のターゲットにされてしまいます。

 

また、マンションなどの入り口でオートロックだからと安心していると、ドアが開いた瞬間に一緒に入ってくることもあるようです。 

 

だからといって、注意できないのが現状です。

 

 

 

見慣れない挙動不審な人がエレベーターに乗るのを待っている時は、見送るぐらいの注意が必要で、あいにく一緒に乗った場合は、面倒でも違う階で降りるようにした方が良いですね。

 

 

チョッと変えるなりして行動パターンを読まれないような工夫が必要でしょう。

 

街中では防犯カメラも数多く見るようになり、町全体の防犯意識はどんどん上がってきています。
しかし個人一人一人を見るとどうでしょうか?

 

一番効果的な防犯対策は皆が防犯意識を持つことだと思います。

アパートや賃貸マンションの防犯について

 

犯罪者に狙われやすい一人暮らしの女性は、賃貸アパートなどを選ぶ時には夜間の人通りや照明などを調査する必要があります。

こんな行動パターンは、実は注意が必要なんです!

 

ベランダの防犯対策アパートの大家さんも一人暮らしの女性など住人の防犯上の不安、悩みを考慮した防犯設備を所有するアパートに織り込んで欲しいですね。

 

特に1階は2階以上に比べてデータ上も犯罪被害が多く、様々な犯罪に巻き込まれるリスクが高いので更なる防犯対策が必要でしょう。

 

こんな行動パターンは、実は注意が必要なんです!

こんな行動パターンは、実は注意が必要なんです!

 

ベランダの防犯には、防犯カメラが絶対に有効です。近年の犯罪・犯人逮捕はほぼ防犯カメラからになっています。

 

他人の家に侵入しようとするような人間は、防犯カメラを避けようとします。
狙うにしても、わざわざ防犯カメラを備えている家に入ろうとは思わないはずです。

 

なので、防犯カメラは侵入した人間を撮影して捕まえるというよりは、「防犯カメラを設置してある部屋に侵入する気を無くする」

 

という、犯罪抑止のためという事になるのです。ですから、実際に犯人の姿が撮れなくても、大部分は役割を果たします。

 

赤外線LEDライト オンロード 24時間常時録画 暗視撮影 動体検知 簡単設置

10,800円 (税込)

 

>> もっと詳細を見る <<<